日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

資材

より良い材料を、
より効率的に調達する。
自分が最良と考えた
ジャッジで会社の
利益に貢献したい。

資材部門藤原 真里奈

2014年度入社
国際経営学部 国際経営学科

現在担当している仕事内容

基礎研究に関する部材の購買、海外工場への輸出手配、アルミニウム電極箔という材料の購買を担当しています。資材部の役割は、ものづくりに必要な材料を購買することです。ただ買う、というだけではなく、より良いものを、安く、安定的に購買する必要があります。仕入先の選定や見積りの取得・発注・納期管理などを日々行っています。特に海外が絡んでいる業務では納期トラブルがよく起こるので、海運業者などと連携しながら納期調整を行っています。

仕事のやりがい

資材部の仕事は、コストダウンができればそれが会社の利益になるということが一番のやりがいであると思います。また、安定的な生産をするために、何か材料でトラブルが起きた際の対応も資材部の大きな役割です。私はまだ、会社の利益を左右するような仕事はしていませんが、材料トラブルの際に何とか自分で調整して、供給が繋がったという時には、達成感を感じます。

就職先・仕事を決める上で
大事にしていたこと

私は、とにかくBtoB企業に絞って就職活動をしていました。BtoBの方が面白い仕事ができそうだと思えたからです。例えば営業に配属になったら、さまざまな業界の名だたる企業に対して営業活動をすることができます。BtoCよりその方が、私には面白いと感じられました。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

最終面接で、社長とお話することができたということが大きいです。他の企業の最終面接では、役員は出てきても社長が出てくるところはありませんでした。
緊張はしましたが、面接が始まってみると自分の話を社長自ら親身になって聞いてくれ、面接が終わったときには「もし内定貰えたら、ここにしよう!」と思っていました。

これからの目標・キャリアプラン

最終的な目標が何か決まっているわけではありませんが、資材部は社外の方と関わる機会が多い部署なので、できるだけ多くの人と関わりたいです。また、社内でもさまざまな部署の方と関わりを持つことで、視野を広くしたいと思っています。いろいろな立場の人の話を聞くことで、会社にとって何が最良であるかを判断できる人財になりたいです。

学生へ一言

「何をやるのか」「どこで働くのか」というのも重要ですが、「誰と働くか」はもっと重要だと思います。他人からみてかっこいい就活でなくてもいいから、とにかくいろいろな業界を見て、最終的に本当に自分に合った会社が見つけられるよう願っております。