日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

生産技術

設計開発から導入まで。
将来に役立つ
新しい技術を作り出す。

生産技術開発部門 深澤 充

2009年入社
電気電子工学科専攻

現在担当している仕事内容

アルミ電解コンデンサに使用されるアルミ箔の、エッチング処理をする生産設備のための生産技術開発が主な業務となります。その中でも、電気的な制御回路や制御プログラムの設計開発を担当しております。

仕事のやりがい

"こんな装置がほしい"という要望をいただいてから、設計開発から導入までを自分自身で担当することです。導入までは試行錯誤を繰り返していきますが、やはり失敗はつきものです。その失敗の原因を1つずつ解消し、はじめて導入できたときは、特別な達成感があります。 また、その設計の中で要望にはない一工夫を評価していただけた時、さらにやりがいを感じます。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

小さい頃から工作やレゴブロックで遊ぶのが大好きでした。ものづくりが好きな父親と一緒にロボットコンテストを何度か見に行き、ロボットに興味を持つようになりました。
そこで将来はロボット関連の仕事に就きたいと思うようになり、電気関係の道を選択しました。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

大学の授業でIHヒーター回路を製作した際に、様々な役割を持ち、どんな電子回路にも必ず1つは存在する「コンデンサ」に興味を持ちました。日本ケミコンはコンデンサの世界シェアが一位であることから、この世界一のコンデンサの設計に携わりたい!と思い、入社を決めました。

これからの目標・キャリアプラン

将来的にロボットやAIが考える生産設備を導入することが注目される中、仕事を覚えていく中で知識不足を感じることが多くなりました。今後は積極的に必要な知識を増やしていき、時代の最先端を担う技術者を目指したいと思います。
また、自分で導入した設備や仕様をベースとした、今後の開発にも役立てる新しい設備を導入していきたいと考えております。

学生へ一言

就職活動では、今までやってきたことも重要ですが、これからどんなことをしたいのか、そのために何をすべきなのかを考えることが最も重要だと思います。やるべきことがはっきりしていない場合は、最近の目標や興味があることを紙に書き出してみると見えてくることもあります。また、学生のうちから何事にも失敗を恐れずに挑戦することを心掛けてほしいと思います。