日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

開発設計

すぐに正解は分からない。
そこにものづくりの
楽しさがある。

開発設計部門石渡 泰隆

2014年度入社
電気電子工学科

現在担当している仕事内容

アルミ電解コンデンサの開発支援と充電器、防犯機器などの機能デバイス製品の回路設計を行っています。開発支援では試験装置の内製化や製品評価のサポート、車載機器やACアダプタなどの回路調査を行い、市場におけるコンデンサの使われ方をコンデンサの開発設計部門や営業部門へ展開しています。設計では充電回路や制御回路などを検討しCADによる回路設計や試作品の評価を行っています。カスタム製品がメインになるので、お客様と密に連絡を取り合いながら満足いく機能やコストを提案していきます。

仕事のやりがい

入社してから数年経つといろいろな業務に関わるようになります。自分の判断で仕事を進めることも多くなりました。正解がすぐ思い浮かばなくても自分の考えで業務が進むことでやりがいを感じます。開発現場というのは製品動作に限らず予算、開発スケジュール、他部門とのやりとりで頭を抱えることも多いです。それでも対応をして問題が解決することも、ものづくりの楽しさだと思います。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

エレベータの開発設計者だった父の影響で子供時代から理科の実験や工具を使っていろいろと遊んでいました。テレビラジオを勝手に分解したりもしていました。市販の工作キットを作っていて、だんだんと改造をするようになり、部品の意味や回路動作を勉強するようになりました。ものづくりの醍醐味は機能をもった製品を自分の手でゼロから作れるところにあると思います。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

日本ケミコンについては技術雑誌の中で知りました。入社を決めた理由は明るい職場であり、コンデンサメーカーでシェアが高く、回路の開発設計もできるからでした。
身の回りのほとんどの物は電気で動いています。その電気を担う回路には必ずコンデンサが入っています。ものづくりを通してさまざまな市場と関わっていけると思い、部品メーカーの中で開発設計が可能なこの会社を選びました。

これからの目標・キャリアプラン

充電器や電気二重層キャパシタのモジュールの設計として、日本ケミコンの製品に付加価値をつけて社会に送り出していきたいです。 現時点では管理する側ではなく、知識経験豊富な先輩として開発案件をフォローできる人財を目指したいです。まずは係長クラスに昇格できるよう確実に業務をこなしていきたいです。

学生へ一言

早いうちからいろいろなものにチャレンジをしてみてください。 違った角度から物事を考えられるようになり、経験と知識は余裕に繋がるはずです。たとえば海外旅行はとても良いと思います。最後の自由時間の中で自分のとんがりどころを見つけましょう。軸になる強みがあればぶれませんし、抜きん出るところに合う働き方も見つかると思います。