日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

開発設計

これまで社会になかった
製品を設計開発するため、
日々チャレンジ。

開発設計部門 勝沼 将人

2015年入社
応用化学専攻

現在担当している仕事内容

ハイブリッドコンデンサの開発設計を行っています。ハイブリッドコンデンサとは、既存のアルミ電解コンデンサと、アルミ固体電解コンデンサを複合させた比較的新しい製品であり、主に車載用途として使用されています。私はハイブリッドコンデンサの材料の一つである、導電性高分子の評価・選定や新規サイズの開発を担当しております。また、新製品を導入するための材料選定や仕様検討、試作品の作製・信頼性評価等も行っております。

仕事のやりがい

これまで社会になかった製品を自ら考えて作製し、世の中に送り出せる点だと思います。お客様との打ち合わせや、市場動向調査を通じて必要な性能を見つけ出し、その製品化に向けて試行錯誤しながら開発していきます。新しいことにチャレンジするのは壁が多く、辛いこともありますが、超えたときの達成感や充実感はとても大きいので、日々こつこつと業務を行っております。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

ものづくりに興味を持ったきっかけは、小学校の夏休みの課題で作った小さな本棚でした。小さいながらも実際に使えるものを作れたと喜んだ覚えがあります。その後、機械的な物作りよりも、素材自体を新しく作り出すことができ、様々な方法でその素材を解析できる化学のものづくりに魅了され、高専・大学では有機合成を研究しました。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

大学時代に所属していた研究室と日本ケミコンが共同研究をしており、私の研究も活かせると思ったからです。 その後、企業説明会で、材料から製品までの一貫ライン化・主要技術のブラックボックス化・アルミ電解コンデンサのシェア世界一などの説明を受け、企業としても魅力を感じたため入社を決めました。

これからの目標・キャリアプラン

自分が新しく設計開発した製品を世の中に出したいと考えています。まだ入社して日が浅いため、いろいろな製品の開発・設計に携わり、さらに経験を積んでいきたいです。また、今の部署だけではなく、いろいろな部署を経験し、会社としてなくてはならない存在になっていけたらと思っています。

学生へ一言

まずは社会に出るにあたって、自分が何をしたいのかを考えてみてください。会社は、入ってからが始まりです。人生の大半を過ごす場所を、なんとなくではなく強い意志を持って決めてください。それでもイメージできないという方もいらっしゃると思います。そんなときは、会社説明会をたくさん回ってみると様々な出会いや発見から目標が見えてくると思います。「自分を取らないなんてもったいない!」ぐらいの気持ちで就活を乗り越えてください。