日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

生産技術開発

技術者としての誇りを胸に、
理想的な生産設備を
実現させる。

生産技術開発部門小池 翔大

2014年度入社
機械システム工学専攻

現在担当している仕事内容

セラミックコンデンサやバリスタ、電気二重層キャパシタを製造するための生産技術開発を担当しています。生産設備の開発設計が主な業務で、担当した設備について構想から設計、組み立て、導入までの一連の業務に携わっています。

仕事のやりがい

生産技術開発の業務は、「この製品をつくりたい」、「この機能を追加したい」という要望を受け、実現のための設備構想、設計、組み立て、工場への導入までのすべての工程に関わります。ですから、自分が担当、設計した設備が実際に形となって生産ラインに導入され、しっかりと動いた時には大きな達成感が得られ、そこに技術者としてやりがいを感じます。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

特にきっかけがあったわけではないのですが、小さい頃から工作やブロック遊びが好きな子供でした。自分の手でものを形作っていくことに楽しさを感じ、将来はものづくりに携わる仕事がしたいと考えるようになり、工学の機械系の道に進みました。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

日本ケミコンを知ったきっかけは大学主催の合同企業説明会でした。最初は製造拠点が地元の東北に多い点から興味を持ちましたが、多くの電子機器に搭載されているコンデンサという部品を扱うことで、幅広い分野でものづくりに携われる点、また生産技術開発や製造ラインの開発設計、組み立てまでを自社ですべて行っている技術力の高さに魅力を感じ、入社を希望しました。

これからの目標・キャリアプラン

段々と開発設計を担当する設備の規模も大きくなってきており、現在は生産工程へのロボット導入というプロジェクトを主担当として進めています。まだまだ知識や経験が足りておらず日々学びながらの業務ですが、任された仕事を一つひとつこなしていき、設計や組み立てのノウハウを習得していくことで、“小池に任せておけば大丈夫”と思われる信頼のおける技術者になることが目標です。

学生へ一言

学生時代は自分の時間を一番自由に使える期間です。勉強も大事ですが、興味のあることに没頭したり友人との時間を大切にしたりすることは、社会に出てからの自信や人間関係を築く基盤となります。学生の内は失敗を恐れず物事に前向きに取り組み、良い人生経験を積んでください。