日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

基礎研究

前例のないことに挑み、
世の中にまだない
製品を生み出す。

基礎研究部門小関 良弥

2011年度入社
物質電子化学専攻

現在担当している仕事内容

基礎研究で立案したシーズ技術を用いた新材料について、アルミ電解コンデンサへの応用を行っています。検討中の新材料は他のメーカーも扱っていない業界初の材料であり、現在主流の材料と比べてどのようなメリットとデメリットがあるのか評価しています。また、このシーズ技術を活用し、これまでにない製品の具現化を目指した業務に携わっています。

仕事のやりがい

基礎研究では前例のないテーマや非常に難易度の高いテーマを案件として持つこともあります。どれだけ困難な課題であってもその壁を乗り越え、やり遂げた時に充実感を得られることが一番の仕事のやりがいだと考えています。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

小学生の頃から理科の実験が大好きでした。どうしてこのような現象が起きるのか?当時は分からないことも多かったのですが、分からないことを解明したいという思いがきっかけで研究に携われる仕事に興味を持ったと思います。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

学内説明会で日本ケミコンについての説明を受け、行っている研究・開発の分野が私の研究テーマに近かったため、私の持つ背景や知識を活かすことができるのではないかと思い入社を決めました。

これからの目標・キャリアプラン

現在はまだ検討段階の技術を応用し、将来的には世の中にまだ存在しない製品を生み出すことで、会社に利益を出すことができたら良いなと思います。

学生へ一言

就職活動は辛いことが多いと思います。それでも自分のアピールしたいことは何か、会社に入って何をしたいのか、という点を見直し、最良の結果となる就職活動ができるように頑張ってください。