日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

開発設計

製品をもっと世の中へ
広めていくために、
挑戦し続けられる
環境がここにはある。

開発設計部門三輪真希

2007年度入社
電気工学科

現在担当している仕事内容

積層セラミックコンデンサの開発設計を行っています。積層セラミックコンデンサは、チタン酸バリウム系材料の誘電体と電極を交互に積み重ねた構造のコンデンサです。お客様には、車載用機器などの電気回路の電子部品としてご利用いただいています。仕事内容は、営業担当者を通してお客様のご要望案件に回答する仕事と開発製品の特性、信頼性、構造解析の評価です。
製品の開発には時間がかかりますが、目的の特性、評価結果が得られるよう、繰り返し評価を積み重ねて実現に繋げる仕事をしています。

仕事のやりがい

日々挑戦し続けられることが、この仕事のやりがいだと思います。 例えばお客様のご要望案件を開発する仕事では、ご要望に沿った製品が開発できるよう部署内、他部署との話し合いや、調整をし協力し合って仕事を進めています。そうして開発した製品を、多くのお客様に知って欲しいです。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

幼い時からものを作ることが楽しいと思っていました。
中学生の時にラジオキットで手作りラジオを作りました。コイルを手巻きし、部品を電気回路基板に半田付けし、部材を組み立て、電源を入れてダイヤルを調整するとスピーカーからラジオ放送が流れてきて感動したことと、そのラジオから目には見えない電波が届き、聴こえてくるのは何故だろうと疑問に思ったことが、電気に興味を持ったきっかけになったと思います。そのラジオの中にコンデンサが入っていたのを覚えています。コンデンサは生活家電などに使用されており、身近な存在だと思いました。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

大学主催の企業合同会社説明会で日本ケミコンを知りました。
人事担当者の印象が良く、採用試験を受けるきっかけになりました。 材料・製品・設備開発、設計、製造工程の一貫ラインがあり、製品のコアである材料開発を行っていることと、コンデンサは今もこれからも便利な生活の中で必要不可欠な部品の一つであるという点に惹かれ、日本ケミコンを選びました。

これからの目標・キャリアプラン

日本ケミコンは古い歴史がありながらも、新しいことに挑戦し続けている会社です。
お客様のご要望に寄り添える製品を開発し、次の製品に繋がるよう一つ一つの業務の知識を積み重ねていきたいです。

学生へ一言

仕事や生活の中でいろいろな物事や人に出会い、今まで知らなかったことを知る機会があると思います。
これから就職活動を始める方は、さまざまな業種の会社説明会に参加し、自分が何をしたいのか考え、「この会社で働きたい」と思える会社を見つけてください。