日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

生産技術開発

代わりのきかない人財へと
成長し、母国との
技術交流に貢献したい。

生産技術開発部門王 忠恵

2012年度入社
機械システム工学専攻

現在担当している仕事内容

特殊製品の端子加工機の開発設計をしています。機械の設計、開発、組み立て、及びその後、工場現場に応じる改造、メンテナンスを担当しています。
特殊製品の端子は通常製品と違い、半自動機、手作業でしか生産できないものです。

仕事のやりがい

設備の開発設計で経験を積んで行くことで自分の成長を感じることができます。
自らが作った機械を用いて作業する担当者から、「仕事がしやすくなった。腕が痛くならなかった」などの声をもらえると、とても達成感を感じることができます。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

小さい時、父が工具を加工する光景をよく目にしていました。父と一緒に発泡材でライト船を作ったこともあり、「ものづくり」に興味が沸きました。そのため、治具や機械を見ると、すぐその仕組みを考える習慣がつきました。現在も100円ショップや電器屋などへ行き、商品を観察したりしています。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

「グローバルでスピーディーな対応を実現」の強みに注目し、この会社で職種の枠を超えた働き方ができると感じました。「代わりのきかない人財になる」という自分の目標に近づけると思い、説明会に参加しました。先輩社員が分かりやすい説明をしてくれたり、また、優しく丁寧に質問に答えてくれたことは今でも忘れられません。この先輩たちとなら、日本語が十分でない自分でも、全力で仕事ができると感じ、入社を決めました。

これからの目標・キャリアプラン

当面は職場で開発設計のスキルを上げて、日本ケミコンの中国工場との技術交流に貢献したいです。将来は現地の工場を取りまとめる立場に就きたいですね。

学生へ一言

仕事は人生の時間の大半を占めます。ですから、楽しく仕事をすれば、人生の半分以上を楽しく過ごすことができます。皆さんにも是非、自分自身が心から楽しめる職場を見つけて欲しいと思います。