日本ケミコン株式会社日本ケミコン株式会社

技術営業

身近な電気製品に
自分の担当する電子部品が
使われている誇り。

技術営業部門照井 勇基

2009年入社
材料工学専攻

現在担当している仕事内容

電子機器のノイズ対策や電圧調整に使われるコイルの拡販が主な業務です。量産注文になった後は営業部門が納期調整や価格交渉を担当しますが、開発・評価段階の商品については私の所属している部署が技術サポート、社内手続き、見積案作成を担当しています。営業部門への商品紹介や展示会運営、カタログ作成にも携わっています。顧客への対応が中心ですから、外出が多く、週の半分程度は社外で仕事をしています。

仕事のやりがい

自分の担当した電子部品が広く世の中で使われているというのが大きなやりがいです。担当する顧客は、ほとんどの人が一度は耳にした事がある会社が多く、皆さんの家の電気製品には必ず日本ケミコンの製品が使われていると言っても過言ではありません。また、多くの電気製品を支える仕事をしていることに加えて、いろいろな職種や立場の人と関わり合いながら仕事ができることもこの仕事の魅力です。

研究・ものづくりに
興味を持ったきっかけ

もともと、ものづくりに興味があり、大学では機械系の勉強がしたいと考え、材料全般を扱う学科に入り、複合材料の研究室に所属しました。卒業論文のテーマは、アルミニウム基複合材料。研究内容としては、高温で溶かした金属に他の材料を混ぜることで金属の強度を上げられないかというものです。今の業務は、直接、研究開発やものづくりに携わるものではありませんが、専門知識をいかして、いろいろなお客様のものづくりに関わることができ、技術的な好奇心を満足させることができる仕事だといえます。

日本ケミコンに
入社を決めた理由

大学内での合同企業説明会で、偶然立ち寄ったのが日本ケミコンとの最初の出会いです。「世界シェアNo.1」というところが目に留まり、日本ケミコンのブースに立ち寄りました。そこで、ゆっくり企業説明を聞いて、同じ大学の先輩が在籍していることを知り、まずはOB訪問、それから一次面接へと進んでいきました。入社の決め手となったのは、会社の雰囲気です。OB訪問や会社訪問をした時に若い人が笑顔で働いていた姿がとても印象的でした。

これからの目標・キャリアプラン

アルミ電解コンデンサと他製品のコラボレーションの強化をリードしたいと思っています。日本ケミコンは、アルミ電解コンデンサが売上の80%以上を占めますが、他の製品ももっと一緒に販売できるはずです。 その他、海外拠点と日本との結びつきも、強める必要があります。海外の社員と日本の社員がもっと活発に連携していけば、日本ケミコンはよりグローバルな企業として成長を加速させることができるでしょう。

学生へ一言

自分の興味につながる会社を広い視野で見つめてみることをお勧めします。 例えば「パイロットになりたい」→「飛行機をつくっている会社」→「飛行機用の機器をつくっている会社」→「機器用の部品メーカー」→「部品用の材料メーカー」。こんな発想で対象を広げていけば、あなたの可能性はもっと広がります。 日本ケミコンは、家庭用品から航空宇宙まで様々な業界にお客様がいます。ものづくりに興味がある学生はぜひ、日本ケミコンを覗いてみてください。